法人様向けサービス

①不動産売買仲介

お電話によるご相談承ります。

土地建物の潜在的な価値の顕在化、タイミング、設定価格に関する助言及び買主様とのマッチングをお手伝いをさせていただき、適正価格で売買を成立いたします。

また、大型物件に関しては、独自の人脈により、売却先や売却時期のご提案やご紹介、プロジェクトマネジメントもさせていただいております。適正価格によって評価されていないと感じていらっしゃる物件や、売却先にお困りの物件に関するご相談、お待ちしております。

※大型ビル、ホテル等の売却実績有り。ご相談承ります。

不動産M&A仲介

お電話によるご相談承ります。

法人様が所有されている不動産の売却方法について、M&Aの手法を使用した売却方法をご提案させていただきます。

仕組み上は株式譲渡と同様に不動産、従業員、株式、資産、負債も不動産M&Aの対象となります。

不動産M&Aの主な目的は下記の3点です。

①節税のため

通常の不動産売買と異なり、株式売却時の利益の20%のみが課税対象となり、売却資金をより多く手元に残すことができます。

②不動産を現金化

所有している不動産を同時に売却し現金化することができます。

③不動産移転のコスト削減

不動産移転にかかる登記申請、登録免許税、不動産取得税、不動産登記費用が不要となります。

譲渡人(売主様)のメリット・デメリット:

メリット①節税効果

株式譲渡の利益にのみ課税され、所得税の20%のみ支払えば良いことになります。

メリット②事業を引き継ぐ手続き不要

株式譲渡によるM&A同様に、株主変更のみの手続きで済みます。

メリット③廃業コスト不要

会社の解散の手続きや、債務返済の手続きで多くの手間がかかりますが、それら全てを省略できます。

デメリット①譲渡までの期間が長い

通常の不動産売買では通常3ヶ月〜6ヶ月で決済されますが、企業を譲渡するための手続きが増加し、6ヶ月〜1年で決済されます。

デメリット②買い手を探すのが難しい。

不動産M&Aが市場に浸透していないことが理由です。

しかし、譲受人(買主様)にとっても、大幅な取得費用の削減に繋がるなど多くのメリットがあるため、当社独自のネットワークを利用して買主様とのマッチングをお手伝いさせていただきます。

まずは、ご相談いただけますようよろしくお願いいたします。